レーシック手術

スポンサードリンク



レーシックは"LASIK"と書きます。

正式には、"Laser in Situ Keratomileusis"といいます。

レーシック手術は、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射することによって、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術のことです。

レーシック手術は、長年 メガネで苦労をしたり、コンタクトレンズで苦労した人にとっては朗報な解決方法です。

しかし、目が悪い!とはいえ元気な身体に手術をするわけですから、視力が良くなる期待と失敗の不安を思ってしまいます。

そんな不安を解消するすべは調べ聞いて納得する以外にはありません。

"LASIKを理解し、レーシック手術への恐怖を克服するしかありません。

"LASIKは日本では目新しい手術ですが欧米ではベーシックな手術で症例も豊富な手術なのです。






レーシック手術について

視力が悪いのはとても不便です。

もちろん手足が不自由なのも困るし、耳が聞こえないのも困ります・・・五体満足とはよく言ったもので、人間の体はすべてが正常に機能しているからこそ快適に暮せているのです。
視力が悪い場合には、メガネやコンタクトレンズで矯正すれば良いだけの話しです。 
これは眼鏡やコンタクトを必要としない人にくらべて購入費用や維持費がかかったり、手間がかかったりと多く、生活のみでなく経済的にも負担がかかります。

そのうえ運動するからメガネは不便、けれど、コンタクトレンズはどうしても体質に合わない・・・そんな悩みをもっている方も多く居るのではないでしょうか?

そんな方には「レーシック」はいかがでしょう?
レーシックって何?と思われる方もまだ多いことでしょう。
レーシックとは、一言で言うならば「視力を回復させるための手術」です。

日本人にしてみれば、「視力回復のために手術?!」と一歩引いてしまいがちですが、アメリカで開発された「レーシック」は、アメリカ人にとっては最近では普通の手術となり当たり前の域のようです。

日本では2000年にレーシック手術が認可され、徐々にですが手術希望者は増えてきているようです。

レーシック手術を簡単に説明すると、レーザーで角膜を削り、屈折率を変えることでピントを合わせる手術です。
角膜を削る?と聞いただけで、ますます怖くなり尻込みしてしまいますよね^^;
手術は両眼で30分程度で終わってしまいます。入院の必要もありません!

もちろん、レーシック手術までに事前の詳しい説明があったり、細かい検査があったり、または術後の検査があったりします。
まずはレーシック手術前の説明をきちんと受け、自分なりに十分に納得が行った上で、レーシック手術を受けることが大事だと思います。

レーザーで角膜を削るということをドクターからしっかり説明を受けて理解してくださいね。


レーシックに保険は適用は?

視力が悪い人間にとって、メガネをかけない生活、コンタクトを必要としない生活。そんな視力回復について心底望むものです。

メガネは手っ取り早くて楽ですが、やはり、たくさん不便なことがあります。

コンタクトレンズは素顔で居られるのは確かに良いのですが、レンズケアに手間がかかったり、維持費がかかったりします。
視力が悪いのは、不快、不便なだけでなく、それを矯正し続けるためのコストがかかってしまうのが厄介ですよね。

そのランニングコストを考えれば、一度のレーシック手術で視力が回復できるのなら、どちらが安いでしょうか?

そもそもレーシック手術の費用はどれ位かかるのでしょうか?
レーシック手術の費用に保険は適用されるのでしょうか?

レーシック手術を考えた場合にそんな疑問が沸いてきます。

まず、レーシックの費用ですが、病院やクリニックによっても値段はいろいろで、片目なら5万円~20万円弱。
両目なら、10万円~40万円。 などとかなりの開きがあるようです。
ですが、平均したらした場合、片目なら20万円弱、両目なら40万円弱と言ったところが相場のようです。

ただ一口に20万、40万と言っても決して安いわけではなく容易に払える額でもありませんよね・・・。

日本では、基本的に病気の治療の手術であれば、保険で安くできるものです。
ところが残念なことですがレーシック手術の場合には、医療保険の対象にはなりません。
従って、レーシック手術の費用の全額を自分で負担することになります。
それゆえに、信頼できる医療機関で納得の行くレーシック治療を受けることが一番です。

しかし、直ぐに諦めずに調べて欲しいことがあります。
もしかすると、個人的に加入している医療保険または生命保険保険対象として適用される場合もあるようなのです。
事前に自分で確認をとっておくと良いと思います。


レーシックにかかる費用について

レーシック手術費用は病院、クリニックによってかなり開きがあるようです。
一般的な心理として高ければ安心で、安ければ不安・・・となりますが、一概には言えるものではありません。
自分が信頼してできるところがあれば、それが一番です。

しかし、レーシックの手術は手術を受ければそれで終了・・・とはなりません。
費用は手術代以外にもかかることを念頭に入れておきましょう。

レーシックはまずはその手術が受けることができるかどうかの適応検査が必要となります。
何でもそうですが、いきなり体にメスを入れることはないですものね。
そこでまずレーシック手術の適応検査の費用がかかります。
検査費用は、だいたい1万円以内でおさまるようです。 病院、クリニックによっては、手術代に含まれる場合もあります。

手術当日や、手術後に処方される薬代も費用として考え用意しておく必要があります。
これも、病院、クリニックによっては手術代に含まれている場合もあります。

手術が無事完了したからこれで終了!・・・ではありません。
その後の、眼の状態や、視力の状況を確認するための定期健診は必ず受けなければなりません。
その費用も必要になります。

定期健診は、大体、翌日と翌々日、1週間後、3ヶ月後、半年後、1年後位の間隔で受けることになります。
その費用も病院、クリニックによって異なります。 これもまた手術代に含まれている場合もあります。

レーシックにかかる費用については、病院またはクリニックにより違いますので、提示された金額だけでなく、きちんと内訳についても確認した上で受けるようにしましょう。

レーシック手術に失敗は?!

レーシック手術は視力低下に悩む人にとって画期的な治療法として日本でも近年話題の視力矯正法です。
海外では日常的な治療法として取り入れられていますが、日本においては、レーシックは知られてはいてもまだまだ症例は少ないのが現状です。

レーシック手術は、近代医療において視力回復の為の先進的な治療法であることには間違いありません。
ですがそんなそんな画期的なレーシック手術であっても失敗が絶対にないとはいえないようです。(脅すわけではありません)

レーシックは目に施す治療なので、失敗とした場合に失明してしまうのでは?と心配になる方も当然いるかもしれません。
ですがレーシック手術が施されるようになってから今日までの間、手術の失敗によって失明したという報告は一例もないということですのでそこは安心してください。
新しい治療法ではありますが、本場といわれるアメリカでは既に100万人以上の人がレーシック手術を受けており、それで失敗による失明がないというのですからまず心配はないでしょう。

また、レーシックは目にメスを入れるといっても角膜です。 なので失明するということは通常ではまず有り得ないということです。
その角膜に当てるレーザーも、角膜の内部までは入り込まず角膜に吸収されてしまうそうなので心配はいりません。
万が一手術中に災害のようなトラブルが起こった場合にもレーザーの照射が止まり、誤作動を起こすようなことはない仕組みになっているようです。

あたりまえかもしれませんが、レーシック手術を受ける場合には、症例の多い経験を積んだドクターに任せるのが安心といえるかもしれませんね。


レーシックの後遺症に関する知識

レーシック手術は近視や遠視、乱視で長年に渡って苦労してきた人々にとって朗報ともいえる矯正法といえます。
レーシック手術を受けたことによって、視力が回復して長年お世話になってきたメガネやコンタクトとお別れができた方も多いと思います。

レーシック手術において失敗して失明したりすることはまず有り得ないことは多くの症例で証明されています。
ですが、失明ではありませんがまれに後遺症が残る場合があることが過去の症例による報告で明らかになっているようです。
レーシック手術を受けることで起こる後遺症とはいったいどういったものがあるのでしょうか。

レーシック手術を受けることで起こる後遺症はいくつかあるようです。
まず、レーシック手術を受けて数ヶ月程度の間、ある程度の明るさのある光が通常感じるよりも明るく感じられることがあるそうです。 
これを「ハロー現象」または「グレア現象」といいます。
大半の人は施術後数ヶ月が経過すれば通常の状態に戻るということですが、まれに、後遺症として残るという例が報告されているようです。

明るさに関係したことで挙げれば、色の明暗の差を感じづらくなることもあるようです。
カラーコーディネイトのような色彩に関係する仕事をしている人の場合には、レーシック手術は慎重に検討した方がいいかもしれません。

その他で考えられる後遺症としては、ドクターの技量不足による乱視、ドライアイ(術後数ヶ月)、フラップが剥がれるといったものがあるようです。
これらは実績のあるドクターがいるクリニックを選ぶことで大方避けられると思われます。

レーシックの術前の説明や事前の検査の際に、この点を理解してよく説明を聞いておくとよいでしょう。

edit


Google




CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008